「訪問介護」多職種連携について研修

「こんなときどうやって考える?」頼れるご意見番が近くにいると心強く感じます。

利用者の生活は訪問介護サービスをはじめ、いろいろな専門職との連携で成り立っています。ヘルパーは利用者の生活に一番近い観察の視点からケアしていく専門家。でも、居宅訪問は11で関わることから自分の提供するサービスが利用者の自立を支えているのか時々不安になることも・・・。そんなとき経験豊富なヘルパーに「こんなときどうやって考える?」と相談できるるならば、心強いことは言うまでもありません。医療や福祉用具など専門的な意見が必要であればすぐにお聞きします。これも連携の大切な場面ですね。高島

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。