会社概要(あいさつ)

<企業理念>
すべての人々の人権と尊厳をまず第1に考え、
介護を通じて人としてのあるべき姿を探求する企業となる。


<行動指針>
一、気持ちを込めて笑顔で挨拶をします。
一、報告・連絡・相談は私の責任と義務です。
一、目配り・気配り・心配りを大切にします。
一、真実を追求し、真実で判断をします。
一、整理整頓・身だしなみを徹底します。
一、聴く姿勢と理解の心を持ちます。

<会社沿革>
1998年 7月 外出支援会サーブ(NPO団体)設立。
2000年10月 有限会社サーブ介護センター設立。
         居宅介護支援及び訪問介護事業開始。
2001年 8月 事務所移転。
2003年 4月 障害者支援費制度のスタートと共に、
         障害者の方を対象としたヘルパー事業を開始。
2003年11月 一宮市開明字三味北にて「身体障害者デイサービス事業」を開始。
         一般乗用旅客自動車運送事業許可を取得しタクシー事業開始。
2004年 5月 自家用自動車有償運送事業許可を取得し介護タクシーを開始。
2005年 5月 デイサービスの並びに「短期入所事業所」を増築、事業開始。
2012年10月 一宮市開明字南井保里にて、障害者専用賃貸住宅事業を開始。
2013年 4月 共同生活援助事業所「ケアホーム・ノア」を開始。
2015年 4月 一宮市開明字三味北にて、
         多機能型事業(生活介護及び重症心身障害児放課後等デイサービス)を開始する。
         上記多機能型施設の並びで共同生活援助事業「グループホーム・ノア」を開始。
 2015年10月  介護職が医療ケアを行うための資格「第3号喀痰吸引等」首都の為の研修事業開始。
2018年11月 本部機能および訪問介護(居宅介護)事業所、相談支援事業所 を篭屋に移転。
2019年12月 「特定技能外国人」の受け入れ取扱期間として「登録支援機関」の認定を、名古屋出入国在留管理局より受ける。
<会社規模(2017年1月現在)>
法人所有土地面積 約3000㎡
法人内従業員数  約120名

 

<代表取締役 後藤献児朗(ごとうけんじろう)プロフィール>

 

「患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出す」(聖書)

1968年 岐阜県羽島市に4女3男の長男として生まれる。
1986年 県立羽島高等学校を卒業し、愛生会看護専門学校へ入学。
1989年 正看護師国家資格を取得し、愛生会看護専門学校を卒業。
   同年 名古屋市北区にある上飯田総合病院へ就職。
1991年 国立療養所長良病院(現独立行政法人長良医療センター)へ転職。
1995年 松波総合病院手術室へ。
      この時、民間病院初の「生体肝移植手術」に携わる。
1998年 脱サラをし「外出支援会サーブ(NPO団体)」を開設。
2000年 有限会社サーブ介護センターを設立。 

介護サービスは、
「相談」「訪問」「通所」「入所(短期入所)」「その他」に分けられます。

下記リンク先の表の中にある「赤文字」で記されているサービスを、
当社は行っております。