愛知県内に「緊急事態宣言」が発令された際の当社対応について

当社(サーブ介護センター)は、「訪問」「通所」「短期入所」「入所」等のサービスを提供しております。

万が一「緊急事態宣言」が愛知県内に発令された際には、「通所」及び「短期入所」のサービスが事業停止となる可能性が高く、ご自宅で待機を余儀なくされるご利用者様が発生します。通所や短期入所があるからこそ何とかなっていた生活が、完全に行き詰まり、「命の危険」すら起こりかねません。

私たちは「行政命令」ではない限り(状況次第では命令であっても)、訪問系スタッフ及び事業停止中のスタッフの内、まずは正社員それでも不足する場合は、非常勤職員の仲間たちの協力を得て、ご自宅での生活をできる限り支援してゆく所存です。

緊急時の行政サイドの方針は、県に確認しても「国任せ」ですから、行政の動きを待ってから動いていたのでは、遅すぎます。

ご自宅における全てのニーズにお応えできないかもしれません。「生きる」ために必要な支援を最優先し、行動して参ります。

介護報酬云々は二の次に考えます。
「介護報酬が出なければ動きません」などと言ってられないのです。

ご利用者様やご家族のご負担を最小限に抑えるべく、個々の予測される問題に対し、可及的速やかに対応できるよう緊急時対応個別支援計画を備えておきます。

一日も早く、新型コロナウイルス感染が収束することを願い、祈ります。

有限会社サーブ介護センター
代表取締役 後藤献児朗

※上記は「緊急事態宣言」に反対するものではなく、むしろこれ以上の感染拡大を防ぐために必要な措置であることを認識した上での、当社の対応方針です。ご理解ください。

コメントする